浮気は不法行為です。
離婚裁判でも証拠さえあれば、離婚が認められます。
また、浮気による精神的苦痛の代償として慰謝料の請求もできます。
もし、あなたが浮気をしているならば、その代償は精神的にも金銭的にも大きいものだと言うことを理解してください。
できることなら、発覚しないうちに止めることをお勧めします。
離婚裁判では浮気の証拠の有無が必要となりますが、裁判に至らない離婚調停では証拠を審議することではなく、話し合いが重要視されます。
相手が浮気を認めないとしても、あなたがどのような結末を求めているかを明確にしましょう。
良くある話は、浮気を配偶者がしていたとしても、離婚を認めないケースです。
可能ならば離婚せず、元の二人に戻りたいと思っているのです。
配偶者が浮気をしていたとして離婚することは認められますが、浮気をしている方からの離婚は認められません。
当然ながら、苦痛を与えられた方が有利になっているのです。
あなたの周りには浮気をしている人がいますか。
自分も心の中では望んでいるかもしれませんが、行動にするかどうかが分かれ道です。
夫婦の仲は当事者にしかわかりません。
どうして浮気をするようになったのか、わからない人もいますね。
けんかをしながらも、くっついている夫婦もいます。
昔は「浮気は男の甲斐性」と言われた時代もありました。
しかし、現代では男性よりも女性の方が強くなっていますから、すでに死語となっていることでしょう。