離婚には手続きに応じたいくつかの方法があります。
当事者同士が離婚についてどのように対応したいと考えているかによって、手続きが変わります。
簡単に言えば、話し合いで決着できる場合は協議離婚、決着できない場合は離婚裁判です。
裁判は通常の裁判ですから、判決は強制力を持ちます。
不本意な判決であっても、それに従わなければならいのが離婚裁判なのです。
日本で離婚裁判を選択するのは協議離婚が不調に終わった場合です。
外国の場合はすべて離婚裁判となる国もあります。
婚姻関係や離婚をどのように考えているかによって対応が変わるのでしょう。
さて、あなたは離婚を考えていますか。
離婚の原因はどちらが作ったのでしょうか。
また、離婚をしないと言う選択肢は残されているのでしょうか。
いろいろと考えると面倒だと思ってしまうなら、離婚を強く望んでいないかもしれません。
世の中にはいろいろな夫婦がいます。
精神的に追い詰められて、離婚を選択しようとしても相手が承諾しないケースもたくさんあります。
男性でも女性でも独占欲が強い人は、配偶者を独り占めしたがるのです。
離婚裁判では単に相手のことが嫌いになったと言うだけでは離婚は認められません。
離婚には理由が必要なのです。
しかし、協議離婚の場合は双方が合意してしまえば、離婚は成立します。
その理由さえ問われません。
協議離婚で平和的な話し合いができればいいのですが、感情的になってしまって、全く相手の言うことを聞かない人もいます。