離婚裁判を進めていく上で弁護士は必要でしょうか。
結論から言えば必要です。
もちろん、手続き上のことだけを言えば、弁護士が必要と言うわけではありません。
しかし、法律や裁判の進め方などを自分で理解して、書類などを作成しなければなりません。
また、自分が不利にならないような配慮が必要です。
相手には弁護士がいるでしょうから、相手の弁護士はあなたにとって敵と考えられるのです。
武器も持たずに戦いことは賢い人間がすることではないでしょう。
つまり、弁護士に依頼することによって、的確な対応が期待できます。
もちろん、弁護士も優秀な人からダメな弁護士までいろいろです。
弁護士を選ぶ時に注意が必要ですね。
離婚裁判を起こすのですから、離婚に関することが豊富な経験を持っている弁護士を選ぶようにしなければなりません。
それから、離婚裁判はその前段として離婚調停があります。
つまり、離婚調停の流れがそのまま裁判に引き継がれるのです。
そのため、自分の主張をきちんと整理して、矛盾のない状態にしておかないと裁判官の心証を悪くします。
弁護士ならば、そのようなことは常識レベルです。
裁判所は一般の人にとって、非常に理解しがたいところだと考えるべきです。
そこで冷静な受け答えができる自信のある人はほとんどいませんね。
自分自身が離婚裁判の経験を積むことはまずありませんから、初めてのことばかりです。
弁護士と言うプロを雇うことは、大きな効果を期待してよいでしょう。