近年の離婚裁判の原因は少し変わってきています。
それは夫のDVや生活費を渡さないなどの、明らかに離婚の条件が認められるケースが増加しているのです。
DVは女性にとって、精神的、肉体的に苦痛を伴うものです。
DVの被害者であるとわかれば、それだけで離婚裁判は勝訴できるでしょう。
しかしながら、DVの加害者は悪知恵が働きます。
離婚裁判においてはDVの証拠を提示しなければなりません。
刑事事件と同じことです。
証拠がなければ、有罪にすることができないのです。
あなたがDVの被害者である場合は、まず証拠を残すようにしなければなりません。
もちろん、自分だけで対応できないことも多いですから、誰かに相談することが大切です。
DV被害者の場合は家庭内暴力と同じで、被害者なのに自分が悪いと思ってしまうことが多いのです。
そのため、事態を悪くしてしまいます。
被害者はそのことが自覚できないところまで追い詰められているのです。
近年では離婚が増加していることもありますが、DVの被害についても認知度が高まってきました。
これまで一人で悩んできた女性たちも誰かに相談しようと考えるようになってきたのです。
これはよいことですが、DVがなくならなければ本当の解決とは言えません。
もちろん、離婚が成立して、相手から慰謝料などをもらうことができます。
また、自分の生活を脅かすことを強制的に禁止するための処置も取られることでしょう。
暴力は夫婦の間だけではなく、いかなる場合も認められるわけはありません。
犯罪であるとの認識が必要なのです。