芸能人の離婚裁判は多くの人が関心を持っています。
もちろん、人の不幸を喜んでいるわけではありませんが、離婚裁判が泥沼化していくと余計にニュースに登場する傾向にあります。
俳優の高島政伸の離婚裁判の状況を見てみましょう。
1年以上の長い裁判でしたが、結果的には高島政伸側が訴えを取り下げることで協議離婚が成立したのです。
裁判の過程においては、お互いの醜い面ばかりが強調されています。
このような話に興味を持っている人たちは、自分のことではない他人事として面白がっていることでしょう。
しかし、芸能人もテレビなどに出ていない時は普通の人です。
言葉に傷つくことも、一人で悩むこともあるのです。
いずれにしても、双方が離婚裁判を継続するよりも、協議で終らせる方が得策であると判断しています。
芸能人の場合は争い事が注目されることで、イメージダウンは避けられません。
不本意であっても、ある程度のところで妥協しなければならないのです。
ただ、一般の人にも言えるのですが、裁判だけが方法ではありません。
また、裁判で勝ったとしても、それですべて思い通りになるわけではありません。
離婚を整理して、新しい生活を始めなければなりません。
不本意な結末だとしても、それを受け入れるしかないのです。
結婚だけが人生ではありません。
もちろん、幸せな結婚をして、一生を添い遂げることが理想です。
離婚は人生の一コマに過ぎないと考えて、前向きに生きていきましょう。