離婚裁判に至る理由の一つに慰謝料があります。
調停においても慰謝料の取り扱いで双方が合意できないことが多いようです。
もちろん、浮気や暴力など明確な理由がある場合は、慰謝料を請求することは比較的簡単です。
しかし、精神的苦痛を与えられたと訴えても、他人から見て判断できないようなケースでは、なかなか話し合いが前に進みません。
離婚の場合は夫側が妻に慰謝料を払うイメージが強いのですが、離婚の原因を作った方が慰謝料を払うだけであり、男女の区別はありません。
女性の中には勘違いしている人もいます。
自分が浮気をして離婚になろうとしているのに慰謝料がもらえると思っているのです。
離婚裁判をする時には、慰謝料がどのような時にもらえるのかを調べておくことが大切です。
そして、自分の場合はどうなのかを確認しましょう。
もらうのではなく、支払わなければならないこともあります。
性格の不一致などの理由で離婚をする場合には、どちらかに責任があると決められないケースが多くなります。
慰謝料の請求ができるかどうかも不透明な離婚が多いのです。
あなたが夫からひどい仕打ちを受けていたと裁判所で訴えても、その証拠がなければ離婚裁判で認められることはないでしょう。
客観的な証拠が大切なのです。
離婚をする前から、自分の将来のことを考えておくことが大切です。
どうしようもなくなるまで我慢する必要はありません。
まずは、友人や親兄弟に相談することから始めましょう。
不幸な結婚生活を続けていくことは、家族にとっていいことではありません。