離婚裁判とは何なのか。
経験した人はあまり多くありませんから、具体的な内容を知らない人がほとんどです。
自分は離婚裁判の当事者になるなどと考えている人はいないのです。
しかし、現代における離婚率は決して低くありません。
離婚は身近な出来事になってしまっているのです。
しかし、裁判にまで発展するとなると、少なくなるのです。
離婚裁判は話し合いで決着がつかなかったために、裁判で争うことになることを意味しています。
裁判を始めるための手続きは難しいわけではありません。
しかし、そこまでして争うような内容かどうかを考えなければなりません。
裁判に勝っても負けても精神的な負担は大きいのです。
また、判決には強制力がありますから、お互いの納得とは別の次元で離婚が完結してしまいます。
それは双方にとって、特に間に挟まれた子どもにとって、決していい解決方法とはなりません。
もちろん、世の中にはいろいろな考え方の人がいます。
人の話に決して耳を貸さないのです。
また、プライバシーに関しての保護もありません。
裁判は公開された状態となります。
通常の裁判と手続き上の違いはありません。
しかし、きわめて個人的な事柄で裁判が進められることは間違いありません。
したがって、ほとんどの離婚においては裁判前の調停で終了するのです。
離婚裁判になるのは全体の1%以下となっています。
また、離婚に至るための条件は民法によって決められています。
相手のことが嫌いになったからと言って、離婚できるわけではないのです。