離婚問題に発展するような原因というのは、本当に数多くあります。
もともとは、他人であった二人が一緒に暮らしていくことになるのですから、当然といえば当然でしょう。
しかし、夫婦だけの問題であれば、まだ自分自身が好きになった相手だから仕方がない・・・と諦めもつくかもしれませんが、ここに、相手側の両親や兄弟姉妹、親戚などがからんでくると非常にやっかいなことになります。
あなたも一度は聞いたことがあるでしょう。
嫁と姑の問題。
このような問題が起こってくると、もう夫がどうこうの問題ではなく、お姑さんと別れたいために離婚をするということも起こってくるのです。
一般的には、この嫁と姑の問題がもっとも多いわけですが、お姑さんが既に亡くなっていて、夫側の兄弟姉妹と合わないという問題もありますし、また、夫のほうが妻側の両親や兄弟姉妹と合わないという場合も、少数ですがあります。
まったくの他人であっても、なんとなく合う人と合わない人、親しみを感じる人と苦手意識を感じる人といますよね。
それと同じで、好きになった夫や妻の親兄弟だからといって、すんなりと受け入れられるものではないのですね。
相手方も、全く同じ気持ちで、意地悪なことを言ったり、嫌がらせをしてくることすら、珍しいことではありません。
かなりひどい場合には、容易に離婚問題に発展してしまいます。
かといって、結婚する前から、相手のご家族のことまで深く知ることはなかなか出来ないことでもありますから、難しいことかもしれません。