離婚問題は、やっかいなものが多いですが、中でももっともやっかいなのが、離婚を望んでいるのが片方だけという場合ではないでしょうか。
妻も夫も両者ともに望んでいる場合には、面倒な手続きがいくつあったとしても、早く離婚を成立させて新しい生活を送ってゆくために、さっさと済ませてゆくことが出来ると思います。
ですが、片方が望んでいない場合には、ひとつも手続きを進めることが出来ません。
しかも、離婚をしたがっているほうは、そうではないほうを傷つけていることにもなります。
そのようなことをいっさい気にしないかたもいらっしゃいますが、やはり罪悪感を持つかたも多いです。
そうしますと、両者ともに精神的につらい状況になってしまいます。
そして、そのまま長い月日を過ごさなくてはならないのです。
なんとか解決策を探すためには、お互いよくよく話し合いをするべきなのですが、もうそうなってきますと、感情的になって冷静な話し合いが出来ない場合も多いでしょうし、もはや話し合いすらしたくないということもあるでしょう。
そのような時には、家庭裁判所で調停をするのもひとつの方法であるということを思い出していただきたいと思います。
調停というのは、あくまでも当事者の合意を前提としますから、調停をしたからといって、必ず離婚しなければいけない・・・ということでは決してありませんので安心してください
最終的に当事者が合意しないのであれば、調停で離婚ということはありません。
離婚問題に精通している他人が、中に入ることによって、また異なった視点で落ち着いて考えることも出来るようになりますから、どうしようもなくなった場合にお勧めです。