せっかく好きで結婚しても、やはり人間ですから、やがて気持ちも冷めてゆくのでしょうね。
それは、仕方のないことなのかもしれませんが、たぶん、それはどなたが相手であっても同じことなのではないでしょうか。
気持ちが冷めるたびに離婚して、相手を変えていたのでは、生涯に何十回も結婚することになってしまうでしょう。
そんな人生も、また良いのかもしれませんが、いつか年老いたときに誰も相手にしてくれなかったら寂しいものがありますね。
離婚問題が起こる原因として数が多いものに、妻または夫が、家庭を捨てて顧みなくなった・・・というものがあります。
この多くは、結局のところ異性問題に原因がある場合が多いです。
妻や夫に飽きてしまって、他の異性のところへ入りびたりになってしまうケースですね。
自宅に帰ってくるにしても、ろくに話もせず、食事もせず、ただ寝るために帰ってくるというような感じです。
中には異性問題ではなく、完全に仕事に没頭しているがために、このような状態になってしまうケースもあります。
平日は、ほとんど寝るためにだけ自宅に帰ってきて、休日はほとんどが出勤、もしくは付き合いのゴルフに出かける・・・テレビドラマなどでもよくありがちですが、実際にこのようなかたがたは多いです。
女性であっても、やはり仕事熱心で家事などはほとんどせずに、家にいる時間が非常に少ないかたもいらっしゃいます。
それだけ夢中になれる仕事が出来るということは幸せなことでもあるのですが、少し気をつけないと離婚問題の原因になりかねないことでもあります。