離婚問題というのは、妻か夫、どちらか片方が離婚したいと思った場合に直面しなくてはならない問題です。
両者ともに離婚を望んでいるのであれば、離婚問題もそれほど深刻なものにはならないでしょうが、離婚を望んでいるのが片方だけの場合は、非常に深刻なものとならざるを得ないでしょう。
とくに、離婚したがっている側が非常に急いでいるような場合など、考えたくはないですが、もしかすると勝手に離婚届けに記入・捺印されて、提出されてしまう可能性だってあります。
もしくは、自分ですでに印鑑を押してあったとしても、やっぱり離婚したくないと考え直した場合、離婚届けを提出されては困るわけですよね。
離婚届けは、一度提出してしまうと離婚成立となってしまいますから、これを防ぐための手段として「離婚届不受理申立て」というのがあります。
これは、離婚届けを受け付けしないでくださいということを、役所に申し出るものです。
申し出ておくことにより、離婚したがっている側が離婚届を提出しようとしても、受け付けてもらうことが出来なくなりますから、離婚したくない側にとっては非常に安心です。
ただし、離婚届不受理申立ての有効期限は六カ月だけです。
そのため、六カ月以内に離婚問題が思うように解決しなかった場合には、六か月後に再び、離婚届不受理申立てをしなくてはなりません。
多少、面倒ではありますが、離婚を望まない側のかたは、念のため、この手続きを行っておくと安心だと思います。