どうしたらよいのか分からないほどこじれてしまった離婚問題は、離婚相談所や離婚の電話相談などに相談して、ご自身の気持ちを整理してみるのも良いと思います。
考えに行き詰ってしまったときには、第三者の声というのはなかなか新鮮で良い場合も多いです。
親しい友人や知人に相談するのも良いですが、やはり離婚問題のプロのお話はいろいろとためになることも多いのです。
さて、なんだかんだで結局、離婚することに同意したとしましょう。
しかし、もうすでに長い間、離婚について悩んで悩んで疲れ切ってしまっているかたも多いようです。
やっと離婚することに同意したというのに、これからまた次々と面倒な手続きが山のように待っているとなると、またもや気力が損なわれてしまいますよね。
実際、離婚することに決めたものの、手続きの書類一枚書けなくて、手続きについて調べることすら出来ないとおっしゃるかたが数多くいらっしゃいます。
それだけ精神的にまいっているということなのです。
そのような手続き関係で行き詰ってしまったときの相談には、行政書士がよろしいと思います。
行政書士というのは、一般にはあまり利用する機会がなく、どのような仕事をしているのかわからないかたも多いのですが、このような役所に提出する許認可等の申請書類を作成したり、提出手続の代理をしたりする仕事をしています。
もちろん、それ相応の料金はかかりますが、面倒な手続き関係のほとんどをやってくれるので、利用するのも良いと思います。