離婚調停のあとでも、やはり片方だけが離婚したくて、もう片方が離婚したくないという場合には、いよいよ裁判所に手続きを申し立てるよりほかありません。
ある夫婦にとってはお気楽な離婚問題も、別のある夫婦にとっては裁判沙汰にまでなってしまうのですね。
夫婦間の話し合いだけで離婚する「協議離婚」の場合でしたら、どのような理由であっても離婚することが可能なのですが、裁判所に持ち込んだ場合には、そのようにはいきません。
裁判所が認める離婚原因として、民法770条1項に例示された5つの離婚原因がありますが、この5つというのは「配偶者の浮気」、「悪意の遺棄」、「生死不明」、「回復の見込みがない強度の精神病」、「その他、結婚を続けられない重大な理由があるとき」というように定められています。
最後の「その他、結婚を続けられない重大な理由があるとき」の、その他というのが気になりますね。
これは、以前、離婚問題の原因として記事にしたものも含まれています。
ドメスティックバイオレンスなどの暴力や虐待、浪費癖、犯罪、宗教活動、精神障害などによって、すでに結婚生活が破綻している場合を指します。
この中には、愛情の喪失や、性格の不一致なども含まれますから、それほど厳しいものではないと思います。
しかしながら、この5つのどれかに当てはまったからと言って、裁判所が離婚を認めてくれるとも限りません。
民法では「夫婦の一切の事情を考慮しても結婚を続けることが相当と認めるときは、裁判所は離婚の請求を棄却することもできる」と定めています。