離婚問題といいますと、慰謝料がつきもののように思われていますが、実際のところ、慰謝料というのは、どのような時に請求できるものであるのかご存じでしょうか。
多くの皆さまがご存じなのは、夫の浮気が原因となって離婚するに至った時に、女性側が貰えるのが慰謝料・・・ということだと思います。
この手のシチュエーションはよくテレビドラマなどでもやっていますから、子供でも知っているかもしれませんね。
このケースの場合には、逆に妻が浮気して、夫のほうに慰謝料を払わなくてはいけなくなることもあり得ます。
要は、故意であったり、もしくは過失による不法な行為によって、損害を受けた側が損害を与えた者に請求できる損害賠償金のことを慰謝料というわけです。
「慰謝料」という漢字からも、その意味が推測できると思いますが、損害を受けた側が感じる精神的苦痛に対する代償として支払われるものなのです。
ですから、もし仮に性格の不一致から離婚問題に発展して、とうとう離婚ということになってしまった場合、どちらかがどちらかに慰謝料を請求することも出来ませんし、当然、もらうことも出来ません。
そのような場合には、慰謝料は発生しないからです。
慰謝料が発生するような離婚問題の場合、請求できる期間というのが決まっています。
離婚成立の日から三年間です。
それを過ぎるともう請求も出来なくなりますから、注意してください。
ただし、相手が支払うことを認めた場合には三年過ぎても請求することが出来ます。
また、一度慰謝料を放棄してしまった場合は、再請求が大変難しいですから、こちらも注意してください。