子供がいる場合の離婚問題につきものなのが、「親権」の問題です。
これもよく耳にしますね。
親権というのは、その漢字からもお分かりのように、未成年の子供の養育や財産の管理をする親の責任のことを言います。
一般的には、ただ「親である権利」と思われがちですが、もっと細かに分かれていて、「身上監護権」と「財産管理権」の二つがあり、これらを合わせて親権と言っているのです。
身上監護権というのは、子供を引き取って身の回りの世話などをして一緒に暮らす権利のことです。
財産管理権のほうは、子供の名義の財産がある場合、未成年の子供に代わって管理をしたりする権利のことです。
離婚するときには、離婚届を提出しなくてはなりませんが、そこには未成年の子供の親権者をどちらにするのか記載する欄があります。
そこにきちんと記入しておかないと受理してもらうことは出来ません。
世間一般の例では、母親のほうが親権を得る場合が多いようですが、父親では難しいということも決してありません。
また、身上監護権と、財産管理権を父母で分担することも可能なのです。
分けることで、離婚したあとでも、両親そろって子供の面倒をみているような感じになりますから、子供の方でも安心感があるのではないでしょうか。
ただでさえ、子供にとって両親の離婚問題は、精神的な負担にもなりますからね。
また、くれぐれも注意していただきたいこととして、お伝えしておきます。
一度決定してしまった親権を変更するのは容易ではないです。
絶対的に無理というわけではありませんが、本当に容易ではないので、慎重に決めるようにしてください。