長く連れ添った夫婦が離婚する熟年離婚の場合には、財産分与も一筋縄ではいきません。
いろんな問題が起こるようです。
婚姻生活が長いため当然夫婦で築き上げた財産もたくさんあるため、財産分与する貯金額も多くなりさらに家や土地、マンションなどの不動産もあるため相当大変なのです。
熟年離婚の際には、特にプロに相談することをおすすめします。
熟年離婚を考え始めたならば弁護士に相談してください。
弁護士に支払う諸費用が多少かかったとしても、財産分与で不利になることがないように弁護士を依頼する方がいいのです。
長く連れ添ったからこそ、相手に対して情も出てくると思うので第三者を挟んだ方がスムーズに話が進みます。
お互いがしっかりと納得のできる離婚、財産分与ができなければその後始まる新しい生活で生計を立てるのは大変です。
熟年離婚では特にお金に関しての財産分与が要検討事項です。
財産分与以外にも慰謝料や退職金や生命保険や税金などお金に関して様々なトラブルが起きます。
お金の問題についてはきっちりと解決できるようにプロに依頼をして、離婚後もトラブルを引きずることがないようにしましょう。
財産分与の話がまとまらずに離婚調停に発展してしまうこともあります。
そうなってしまうと最悪の場合、財産分与を受けられないこともあります。
そうならないように離婚調停前に「処分禁止の仮処分」の申請をして、相手に財産を処分されることがないようにしなければいけません。
不利な条件で離婚することがないように熟年離婚を成立させたいものです。