離婚する夫婦の多くは離婚するときに修羅場を経験します。
それは離婚届を提出してはい終わりという訳にはいかない理由があるからです。
離婚を決めた相手ともう話したくはないと思っても決めなければいけないことがたくさんあるためそうもいかない。
最後の共同作業と言われる財産分与は本当に大変で修羅場になります。
お金や不動産などの財産が絡むのですから当たり前です。
お互い離婚後の生活を確保するために必死なわけですから、当然と言えば当然です。
財産分与がすんなり決まる夫婦なんてめったにいません。
あなたたち夫婦だけが大変なわけではなく、大変な思いをしているのはどの夫婦も同じだと思います。
財産分与の話し合いをスムーズに進めるためには、夫のいいなりで話を進めていくのが一番近道です。
しかし妻がしっかりとした経済力を持っているケースは少ないため、今後の生活を確保するためにも大変な修羅場をなんとか乗り切り最低限の確保はしておきたいものです。
自分の現状を考えて自分にとってどういった財産分与をするのが一番良い案なのか、最低限守ってほしいことはなにかを夫と話す前に自分で意見をまとめておき話し合いに臨むといいと思います。
離婚する相手と財産分与についてお互いの損得を主張して話し合いを進めるのは本当に辛いものですが、話し合いがまとまるまでの我慢です。
もういいやと途中で嫌になって妥協してしまっては、あとから大変後悔することになります。
将来の不安をなくすためにも今をがんばって財産分与について納得のいく結論が出せるようにしてください。